予備軍から糖尿病へ至るプロセス

生活習慣が招く病気には糖尿病もありますが、これはいきなり発症するのではなく、予備軍とされる状態を経てから発症します。
糖尿病はすい臓から出るインスリンの量が減ったり、効果が弱まることが原因ですが、予備軍の段階では、すい臓はまだフル稼働できる状態にあります。
血糖値の高い状態が続きますと、筋肉や肝臓に血液から糖を取り入れるようにインスリンを出して指示を与えます。
肝臓はインスリンの量を見て、濃度が高い時にブドウ糖を貯蔵しますが、炭水化物の取り過ぎなどで糖を過剰に摂取した場合は、肝臓に取り入れる量も多くなります。
そして血糖値が下がり、インスリンの濃度が下がりますと、エネルギー源のブドウ糖を血中に放出し始めますが、貯蔵量が多い場合は放出量も増え、今度はその上がり過ぎた血糖値を下げるため、すい臓からインスリンが分泌されるようになります。
つまり、すい臓が頻繁にインスリンを出す状況が、予備軍です。
そして、すい臓が疲れ果ててインスリンの分泌量が下がりますと、血糖値を下げる術がなくなるため、糖尿病を発症するといったプロセスになっています。
ですから、すい臓が疲弊する前に改善させることが重要です。